最終更新日:2019/1/21
菅原照仁 1998年、メカニックとしてダカールラリーに初参加。 翌1999年大会からは父 義正の右腕としてナビゲーターを務め、父譲りの探究精神と持ち前の冷静な判断力で、チームを上位入賞に導いていく。
その一方でドライバーとしての経験も重ね、2003年ファラオラリーでは、トラック部門総合優勝、2005年のダカールラリーからは、親子二代に渡る2台体制で息の合ったラリー展開を繰り広げ、2010年・2011年同大会では、市販車クラス/排気量10L未満クラス、共に二冠連覇の快挙を果たす。
今年の2019年大会で排気量10L未満クラス優勝10連覇を達成。二世の活躍も目にとまるダカールラリーにおいて、トラック部門の有力ドライバーのひとりと言える。

日本レーシングマネージメント(株) 代表取締役/1972年生まれ
年月/レース・ラリー他 使用・出場車両 成績
2019年 1月
ダカール ペルー 2019 日野レンジャー カミオン部門総合 9位
/排気量10L未満クラス 1位
2018年 7月
シルクウェイラリー 2018 日野レンジャー カミオン部門総合 6位
/排気量10L未満クラス 1位
2018年 1月
ダカール ペルー・ボリビア・アルゼンチン 2018 日野レンジャー カミオン部門総合 6位
/排気量10L未満クラス 1位
2017年 7月
シルクウェイラリー 2017 日野レンジャー カミオン部門総合 12位
/排気量10L未満クラス 1位
2017年 1月
ダカール パラグアイ・ボリビア・アルゼンチン 2017 日野レンジャー カミオン部門総合 8位
/排気量10L未満クラス 1位
2016年 7月
シルクウェイラリー 2016 日野レンジャー カミオン部門総合 13位
/排気量10L未満クラス 1位
2016年 1月
ダカール アルゼンチン・ボリビア・アルゼンチン 2016 日野レンジャー カミオン部門総合 13位
/排気量10L未満クラス 1位
2015年 8月
2015 チャイナ シルク ロード ラリー 日野レンジャー リタイア
2015年 8月
ラリー・モンゴリア 2015 日野レンジャー リタイア
2015年 1月
ダカール アルゼンチン・ボリビア・チリ 2015 日野レンジャー カミオン部門総合 16位
/排気量10L未満クラス 1位
2014年 8月
ラリー・モンゴリア 2014 日野レンジャー 総合 7位/CAT-V 1位
2014年 1月
ダカール アルゼンチン・ボリビア・チリ 2014 日野レンジャー カミオン部門総合 12位
/排気量10L未満クラス 1位
2013年 8月
ラリー・モンゴリア 2013 日野レンジャー 総合 5位/AUTO CLASS 3位
2013年 1月
ダカール ペルー・アルゼンチン・チリ 2013 日野レンジャー カミオン部門総合 19位
/排気量10L未満クラス 1位
2012年 8月
ラリー・モンゴリア 2012 日野レンジャー 総合 10位/AUTO CLASS 5位
2012年 1月
ダカール アルゼンチン・チリ・ペルー 2012 日野レンジャー カミオン部門総合 9位
/排気量10L未満クラス 1位
2011年 8月
ラリー・モンゴリア 2011 日野レンジャー 総合 14位/AUTO CLASS 6位
2011年 1月
パーソナル ダカール アルゼンチン・チリ 2011 日野レンジャー カミオン部門総合 9位/市販車クラス 1位
/排気量10L未満クラス 1位
2010年 8月
ラリー・モンゴリア 2010 日野レンジャー AUTO CLASS 5位
2010年 1月
ダカール アルゼンチン・チリ 2010 日野レンジャー カミオン部門総合 7位/市販車クラス 1位
/排気量10L未満クラス 1位
2009年 8月
ラリー・モンゴリア 2009 日野レンジャー 総合 6位/AUTO CLASS 3位
2009年 1月
ダカール アルゼンチン・チリ 2009 日野レンジャー カミオン部門総合 14位
/排気量10L未満クラス 2位
2008年 8月
ラリー・モンゴリア 2008 日野レンジャー リタイヤ
2008年 1月
第30回 ユーロミルホー・ダカールラリー 日野レンジャー 大会中止
2007年10月
ファラオラリー 2007(日本人出場者のサポート) トヨタ・ハイエース 
2007年 8月
北京−ウランバートル 2007
(オフィシャルカー・ドライバー)
いすゞ・ビックホーン 
2007年 1月
第29回 ユーロミルホー・ダカールラリー 日野レンジャー カミオン部門総合 9位/3.1クラス 9位***
排気量10L未満クラス 1位
2006年 9月
第23回 ファラオラリー
(ナビゲーター)
三菱・パジェロ レイド部門参戦
2006年 8月
北京−ウランバートル 2006
(オフィシャルカー・ドライバー)
いすゞ・ビックホーン  
2006年 1月
第28回 ユーロミルホー・ダカールラリー 日野ライジングレンジャー カミオン部門総合 7位/3.1クラス 7位***
排気量10L未満クラス 3位
2005年 9月
第22回 ファラオラリー (日本人出場者のサポート)
2005年 8月
北京−ウランバートル 2005
(オフィシャルカー・ドライバー)
いすゞ・ビックホーン  
2005年 1月
第27回 テレフォニカ・ダカールラリー 日野ライジングレンジャー カミオン部門総合 6位/3.1クラス 6位***
排気量10L未満クラス 3位
2004年 9月
第21回 ファラオラリー 日野ライジングレンジャー 車両トラブルのためリタイヤ
2004年 1月
第26回 テレフォニカ・ダカールラリー
(ナビゲーター)
日野レンジャープロ カミオン部門総合 5位/3.1クラス 5位***
2003年 9月
第20回 ファラオラリー 日野ライジングレンジャー カミオン部門総合 1位
2003年 1月
第25回 テレフォニカ・ダカールラリー
(ナビゲーター)
日野スペースレンジャー カミオン部門総合 5位/3.1クラス 5位***
2002年8月
第8回 ラリーレイド・モンゴル ホンダ・バギー J02 CB5 車両トラブルのためリタイヤ
2002年 1月
第24回 アラス・マドリッド・ダカールラリー
(アシスタンスカミオン・ドライバー)
日野ライジングレンジャー  
2001年
JFWDA
チャンピオンシップ・レース・シリーズ
バギー(660cc) シリーズ 5位
2001年8月
第7回 ラリーレイド・モンゴル ホンダ・アクティバギー 総合 25位/四輪クラス 5位
2001年 1月
第23回 パリ・ダカールラリー
(ナビゲーター)
日野スペースレンジャー カミオン部門総合 2位/T4-1クラス 1位**
2000年
JFWDA
チャンピオンシップ・レース・シリーズ
バギー(660cc) シリーズ 5位
2000年10月
SANDWORKS
3HR RACE in野沢 第3戦
バギー(660cc) 総合 22位/クラス 4位
2000年10月
JFWDA
オフロード・エンデュランス・レース
バギー(660cc) 総合 9位/B1クラス 2位
2000年 8月
第6回 ラリーレイド・モンゴル
(カミオンバレー・ドライバー)
日野プロフィアFU  
2000年 1月
第22回 パリ・ダカール・カイロラリー
(ナビゲーター)
日野スペースレンジャー カミオン部門総合 5位/T4-1クラス 1位**
1999年
JFWDA
チャンピオンシップ・レース・シリーズ
バギー(660cc) シリーズ 優勝
1999年10月
第1回 SANDWORKS 3HR RACE in野沢 バギー(660cc) 総合 1位
1999年10月
JFWDA
オフロード・エンデュランス・レース
バギー(660cc) 総合 16位/B&S1クラス 3位
1999年 8月
第5回 ラリーレイド・モンゴル
(カミオンバレー・ドライバー)
日野プロフィアFU  
1999年 1月
第21回 グラナダ・ダカールラリー
(ナビゲーター)
日野ライジングレンジャー カミオン部門総合 4位/T4-1クラス 1位*
1998年
JFWDA
チャンピオンシップ・レース・シリーズ
バギー(660cc) シリーズ 5位
1998年10月
JFWDA
オフロード・エンデュランス・レース
バギー(660cc) 総合 10位/B&S2クラス 3位
1998年 1月
第20回 パリ・グラナダ・ダカールラリー
(エアメカニック)
日野ライジングレンジャー カミオン部門総合 2位/T4-1クラス 1位*
パリダカールラリーカミオン部門のクラス分け
* T4-1=排気量10L未満クラス/T4-2=10L以上クラス
** T4-1=フロントエンジン搭載の4輪駆動車/T4-2=フロントエンジン搭載の6又は8輪駆動車/T4-3=ミッドシップエンジン搭載車
*** 3.1=フロントエンジン搭載の4輪駆動車/3.2=フロントエンジン搭載の6又は8輪駆動車/3.3=ホモロゲーション未取得車